事例で見る当社の事例

  • home
  • home
  • home
  • home
  • 高耐震

補助金を活用した外壁新調耐震改修工事|砥部町

大地震に備えて、耐震診断・耐震改修を補助金を上手く活用して実施

大地震に備えて、住みながらの耐震改修工事を実施しました。
外部のモルタル外壁を一度撤去し、柱や梁の構造躯体を耐震金物や建築合板などを使って耐震補強を行っています。
補助金も上手く活用しています。
耐震設計の内容は第三者機関の評価を受け、リフォーム工事瑕疵担保責任保険にも加入し、より一層お客様にご安心頂けているかと思います。

耐震診断

耐震診断技術者が「愛媛県木造住宅耐震診断マニュアル」に沿って耐震基準を満たしているか、正確に診断を行いました。
その結果、耐震改修工事が必要であることが分かりました。また、外壁のモルタルが老朽化・ひび割れにより、剥落や浸水の危険性があることも分かりました。
それらの診断結果を踏まえ耐震改修設計書を作成。耐震リフォーム工事の計画を立てます。
ご自宅の耐震性が心配な方、耐震診断だけでも補助金の活用は可能なので、まずは耐震診断の実施をお勧めいたします。

外壁を撤去し構造躯体の耐震強化

老朽化している外壁をすべて取り除き、構造躯体をむき出しにすることで、必要な耐震金物を取付け補強することが可能となります。
また、雨水の浸入や漏水等で腐朽した構造部を取り換えることもでき、より安心な耐震改修となります。

躯体の接合部を金物補強

柱と梁の接合部や筋交の接合部を耐震金物で補強します。
その結果。地震時に引き抜ける恐れがなくなり、耐震性の向上につながります。

新しい断熱材の充填

金物の施工後、外壁部分に新しい断熱材を充填します。
外壁部全体の施工が可能なので、耐震性だけでなく、断熱性の向上も同時にできることとなります。

構造用合板を施工し面の力で耐震性アップ

断熱材の施工後構造用合板を建物全体に外貼り施工し、さらに耐震性を高めます。
その後、モルタル外壁下地を造り、塗装をして工事完了です。
外壁が完全に新しくなることで、新築のような新しい外観へと生まれ変わります。

当社が譲らない施主様へのこだわり

  • デザインへのこだわり
  • 地域へのこだわり
  • 安全へのこだわり
  • 最新技術へのこだわり